« 石油製品が相場を圧迫 | トップページ | 米国のスパイ行為は「容認できない」とハートリー駐仏大使を仏外務省に呼び出し(フランス) »

2015年6月25日 (木)

通貨NZドルの先安観が...

 

 中国経済への依存度の大きく中国の景気低迷の影響を強く受けていることから経済成長の鈍化が続いているニュージーランドの通貨NZドルの先安観が強まっている。

 欧州危機以降で先進国初の利上げを背景に最強通貨だった1年前から一変した。

 

テクニカル分析は一段のNZドル安の可能性を示唆していると市場ではみている。

 

 対米ドル相場の月足の一目均衡表を見ると、NZドルは「雲」の下限を抜けてきている。

 また、すでに転換線が基準線を下回り、遅行スパンが26カ月前のローソク足を下抜けている状況で、このまま雲下に下落すれば「三役逆転」となり、売りシグナルが点灯する。

 

 ただ、中国金融当局がこれまで引き締めていた金融機関の融資枠の制限を撤廃する動きが出てきており、景気回復に向かう需要喚起が起こる可能性もありネガティブな対応への判断は慎重にする必要もあるだろう。

 
 
 
 

   

« 石油製品が相場を圧迫 | トップページ | 米国のスパイ行為は「容認できない」とハートリー駐仏大使を仏外務省に呼び出し(フランス) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通貨NZドルの先安観が...:

« 石油製品が相場を圧迫 | トップページ | 米国のスパイ行為は「容認できない」とハートリー駐仏大使を仏外務省に呼び出し(フランス) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ