« シー・シェパード 仮処分命令に反し、妨害を継続させた賠償を支払うことで合意。 | トップページ | PIMCOボールズ氏は9月利上げ予想 »

2015年6月10日 (水)

細胞の老化の原因は遺伝子の「メチル化」

 

 筑波大学などのチームは細胞の中で酸素からエネルギーを生産する
   ミトコンドリア
は、細胞の核のDNA(デオキシリボ核酸)の変化によって機能が落ちるとの研究成果を発表した。

 ミトコンドリアの機能低下は老化が進む一因と考えられており、れまで、加齢によってミトコンドリア自体のDNAが突然変異を起こすことが原因とみられていた。

 今回の発見は
   「細胞の若返り」の研究
に役立つ可能性がある。

 チームが胎児〜12歳、80〜97歳の2グループから提供を受けた体細胞を分析すると、ミトコンドリアDNAの突然変異に年齢による差はなかった。

 

 高齢グループの細胞からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作ると、エネルギーを作る機能が回復した。


 iPS細胞では、細胞核の時計を胎児のような状態に巻き戻す「初期化」が起きている。

 初期化してもミトコンドリアDNAの突然変異は消えないため、機能低下は細胞核の遺伝子が「メチル化」と呼ばれる変化をしたのが原因だと結論付けた。

 

 さらに、機能低下した細胞にアミノ酸の一種「グリシン」を加えると、機能が一部回復することも確認された。


 

 ただ、グリシンを摂取すれば老化を遅らせることが期待できるが、がん細胞を増やすとの報告もあるとのこと。

 
 
  
 

    (グリシンへのリンク

             

 
 
 
    

« シー・シェパード 仮処分命令に反し、妨害を継続させた賠償を支払うことで合意。 | トップページ | PIMCOボールズ氏は9月利上げ予想 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細胞の老化の原因は遺伝子の「メチル化」:

« シー・シェパード 仮処分命令に反し、妨害を継続させた賠償を支払うことで合意。 | トップページ | PIMCOボールズ氏は9月利上げ予想 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ