« ギリシャに関する不測の事態へのヘッジ | トップページ | 移民の就労制限は英国経済を劣化させる。 »

2015年6月11日 (木)

歴史的な円高が修正される中で日本経済が恩恵を受けていることも認識。

 

 ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツの為替調査・戦略担当ディレクター
   カール・シャモッタ氏
は電子メールで、日本の政策当局は明らかに
   1ドル=125円
の水準で防衛策を講じたとの認識を示し、ここ数週間に見られた無秩序な下落を受け、当局には円相場を安定させるため口先介入を行う明確な動機があると続けた。

 ただ当局は、歴史的な円高が修正される中で日本経済が恩恵を受けていることも認識していると語った。
   
 
 
 
  

 
  
        
 
 

 

« ギリシャに関する不測の事態へのヘッジ | トップページ | 移民の就労制限は英国経済を劣化させる。 »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ギリシャに関する不測の事態へのヘッジ | トップページ | 移民の就労制限は英国経済を劣化させる。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ