« 雇用統計の弱さは「金の支えになっている」 | トップページ | ギリシャの国民投票が否決した場合でも第3次ギリシャ救済合意に取り組む用意 »

2015年7月 4日 (土)

リスクの読み違いは破綻か?

 

 マケドニア大学の政治学教授で世論調査の専門家の
   ニコス・マランツィディス氏
はギリシャのユーロ離脱の是非を問う、国民投票は質問に対する理解の仕方の違いによってギリシャ社会を2つのグループに分けたと電子メールで説明した。

 

 ギリシャの将来が本当にユーロ圏、場合によっては欧州連合(EU)の外のものになると考えているグループと国民投票がただの交渉の戦術だと考えているグループだと解説した。

 

 
  

« 雇用統計の弱さは「金の支えになっている」 | トップページ | ギリシャの国民投票が否決した場合でも第3次ギリシャ救済合意に取り組む用意 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスクの読み違いは破綻か?:

« 雇用統計の弱さは「金の支えになっている」 | トップページ | ギリシャの国民投票が否決した場合でも第3次ギリシャ救済合意に取り組む用意 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ