« 韓国の新多連装ロケット発射システム、米国の検査基準で不合格 | トップページ | 中国株式市場が急落 »

2015年7月 8日 (水)

銀行システムはギリシャがユーロ圏に残留する上で最大の脅威

 

 欧州中央銀行(ECB)は緊急流動性支援(ELA)を増額を否定したうえ、担保のヘアカット(割引率)拡大を決めた。

 ギリシャの銀行は1週間以上前から休業が続いており、銀行システムはギリシャがユーロ圏に残留する上で最大の脅威になりつつある。

 ギリシャで行われた5日の国民投票での欧州が支援の条件としていた緊縮策が拒否されたことで、債権者との合意もますます難しい状況となっている。

 こうした事情を背景に、銀行破綻を避けるために株主と預金者、納税者らが負担を強いられそうな状況になっている。

 ECBの担保規則強化で事態はさらに悪化するかもしれない。

 

  
 
 
   

« 韓国の新多連装ロケット発射システム、米国の検査基準で不合格 | トップページ | 中国株式市場が急落 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行システムはギリシャがユーロ圏に残留する上で最大の脅威:

« 韓国の新多連装ロケット発射システム、米国の検査基準で不合格 | トップページ | 中国株式市場が急落 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ