« リスクの読み違いは破綻か? | トップページ | ギリシャ国民投票:「ノー」が61%か? »

2015年7月 5日 (日)

ギリシャの国民投票が否決した場合でも第3次ギリシャ救済合意に取り組む用意

 

 ギリシャで5日に実施される国民投票において債権者案が拒否された場合であっても、ユーロ圏の財務相らは
   第3次ギリシャ救済合意
に取り組む用意があるかもしれないと、この交渉に詳しい当局者2人が匿名でメディアの取材で語ったという。

  
 

 この当局者によると、ギリシャのチプラス首相が要請した欧州安定化基金からの支援について検討することで大多数の財務相らが合意済みであり、この検討過程が来週にも始まる可能性があると述べた。

 
 
 
 
   

« リスクの読み違いは破綻か? | トップページ | ギリシャ国民投票:「ノー」が61%か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« リスクの読み違いは破綻か? | トップページ | ギリシャ国民投票:「ノー」が61%か? »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ