« ギリシャ銀行 20日に営業を再開すると財務省が正式発表 | トップページ | シコルスキー・エアクラフト を買収 »

2015年7月20日 (月)

「スペインの中国パワー」は恐るべし?

 

 スペイン華字メディアの欧浪網によると、スペインのテレビ局チャンネル5が
   「スペインの中国パワー」
と題した中国人が経営する商店、衣料品店、ネイルサロン、美容院、レストランなどを紹介する番組を放送した。

 毎日朝早くから夜遅くまで営業し、値段も安く優れたサービスを提供している華人経営のお店はスペイン人の人気を集めていると評価した。

 

 この報道がされるまではチャンネル5は何度も華人を侮辱したと批判され、訴えられている。


 2014年には中国式の衣装を着た人物が「中華レストランには犬肉も猫肉もなんでもあるぞ」と発言する一幕があった。

 このほか、「中国人と犬の立ち入りを禁ず」との張り紙があるバーがドラマに登場して問題となった。

 

 今回の番組は華人が団結し、法律を駆使して自分たちの権利を守れば、華人を誤解(?)しているメディアをも動かすことができる流れを作ったことでチャンネル5の姿勢が真反対に転じたことを印象づけるものとなった。

 

 メディアの態度変更にスペインの中国人団体は歓迎する姿勢を示した。

 中国人団体は訴状を送った後、テレビ局側は慌てて和解の話し合いを求めてきていることを明かし、華人という日増しに強大化しつつある社会グループを侮辱したのだから恐れるのも当然だと主張した。


  
 
 

 


 


 
 
 
  

« ギリシャ銀行 20日に営業を再開すると財務省が正式発表 | トップページ | シコルスキー・エアクラフト を買収 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スペインの中国パワー」は恐るべし?:

« ギリシャ銀行 20日に営業を再開すると財務省が正式発表 | トップページ | シコルスキー・エアクラフト を買収 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ