« 今年利上げを開始 するとの見方に変わりはない | トップページ | 北朝鮮軍 南北軍事境界線を越えて南側に侵入 »

2015年7月11日 (土)

アフガニスタンの過激派組織「イスラム国(IS)」傘下の武装勢力が壊滅か?

 

 アフガニスタンの治安当局は11日、同国東部ナンガルハル州で、過激派組織「イスラム国(IS)」傘下の武装勢力を米国の無人機が10日夜に空爆し、アフガンやパキスタンを統括するIS支部のトップ
   ハフィズ・サイード司令官
を含む戦闘員約30人が死亡したと発表した。

 

 ISの支部は昨年10月にアフガンとパキスタンの国境地帯で旗揚げされ、勢力を拡大してきた。

 

 だが米無人機の攻撃を今週、断続的に受け、指導部のほとんどを失ったとみられる。

 
 
 
    

« 今年利上げを開始 するとの見方に変わりはない | トップページ | 北朝鮮軍 南北軍事境界線を越えて南側に侵入 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 今年利上げを開始 するとの見方に変わりはない | トップページ | 北朝鮮軍 南北軍事境界線を越えて南側に侵入 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ