« チプラス首相が屈服 | トップページ | 鉄鋼生産計画の変更の決定 »

2015年7月14日 (火)

イラン核合意文書を外交当局者がウィーンで準備

 

 外交当局者はイラン核協議での合意の最終的な文書を準備している。
 18日間にわたり協議が行われているウィーンで当局者3人がメディアの取材で明らかにした。

 ウィーン時間14日午前のいずれかの時点で、合意に関して公式発表が行われる可能性があるという。

 

 核問題に関する協議では、これまで合意に近付いている兆候はあったものの、交渉期限は延長が続き、直近の期限は13日だった。


 イランと6カ国の代表は日付が変わった14日午前0時過ぎから、最終的な合意を目指し議論を行った。

 

 ホワイトハウスのアーネスト報道官はワシントンで13日、記者団に対し、依然として「若干の障害」があると指摘している。

 交渉を続ける必要があり、その交渉が依然として有益ならば、交渉チームは今後もウィーンにとどまることになると語った。

 
 

 
   
   

« チプラス首相が屈服 | トップページ | 鉄鋼生産計画の変更の決定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン核合意文書を外交当局者がウィーンで準備:

« チプラス首相が屈服 | トップページ | 鉄鋼生産計画の変更の決定 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ