« 7月米雇用者数 21万5000人増 なお、失業率と労働参加率は横ばい | トップページ | マレーシア外貨準備高 通貨下落し10年以来の1000億ドル割れ »

2015年8月 8日 (土)

第3次ギリシャ救済、10日までの覚書合意目指し交渉。

 

 ギリシャと債権団は860億ユーロ(約11兆7000億円)規模の第3次ギリシャ救済について、その前提となる
   財政緊縮・経済改革の条件を定める覚書
を今月10日までにまとめることを目指している。

 この事情に詳しい当局者3人が非公開情報だとして匿名でメディアの取材で明らかにした。

 

このため、週末に集中的に交渉が行われるという。

 

 もし10日までに覚書で合意に至らなければ、ギリシャは欧州中央銀行(ECB)に
   債務32億ユーロ
を期限の20日に返済するために
   新たなつなぎ融資
を求める必要がある。

 合意となれば200億ユーロ強の初回受け取りの道筋が整い、これにはECBへの同返済分のほか、ギリシャの銀行向け100億ユーロ、従来の救済融資をカバーする70億ユーロが含まれると見られる。

 


 
 
 

      

   【イーザッカマニアストアーズ】へリンク。 

 
 

   

« 7月米雇用者数 21万5000人増 なお、失業率と労働参加率は横ばい | トップページ | マレーシア外貨準備高 通貨下落し10年以来の1000億ドル割れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3次ギリシャ救済、10日までの覚書合意目指し交渉。:

« 7月米雇用者数 21万5000人増 なお、失業率と労働参加率は横ばい | トップページ | マレーシア外貨準備高 通貨下落し10年以来の1000億ドル割れ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ