« 朝鮮半島情勢 南北の高官級協議再開 | トップページ | 南部の中心都市アデンの一部をアルカイダ(AQAP)が支配。 »

2015年8月23日 (日)

北朝鮮軍の潜水艦50隻余りの位置が把握できない状況(韓国軍)

 

 韓国軍当局は23日、北朝鮮軍の潜水艦50隻余りの位置が把握できない状況について、深刻な脅威と判断し、広域哨戒活動に突入したとみられる。

 

 韓国軍関係者によれば、北の潜水艦が識別されないということは、挑発の原点が見えなくなるのと同じだとメディアの取材で述べ、軍は深刻な状況だと判断していることを明らかにした。

  
 

 韓国海軍は、北朝鮮潜水艦が東海、黄海の全ての海域で活動する可能性に備え広域哨戒活動に入った。

 北の潜水艦が韓国の水上艦を攻撃するか、商船を攻撃するかは誰も分からないのは明らかで、軍はこうした状況を深刻に受け止めているとのこと。

 
 
 
   

« 朝鮮半島情勢 南北の高官級協議再開 | トップページ | 南部の中心都市アデンの一部をアルカイダ(AQAP)が支配。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 朝鮮半島情勢 南北の高官級協議再開 | トップページ | 南部の中心都市アデンの一部をアルカイダ(AQAP)が支配。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ