« 中国がユダヤ人保護に貢献したかのように国際社会に偽装したアピール。 | トップページ | 天津爆発後の大気中から猛毒の「神経ガス」を検出  »

2015年8月20日 (木)

7月米消費者物価は前月比で上昇、ただし、3カ月ぶりの低い伸び

 

 米国労働省の発表によると、7月の消費者物価指数(CPI、季 節調整済み)は
   前月比+0.1%
の上昇と、前月の0.3%上昇から伸びが鈍化した。

 

 事前のエコノミスト予想では0.2%の上昇だった。前年比では0.2%上昇した。

 項目別に見るとエネルギーは7月に前月比0.1%上昇だった。
 6月の1.7%上昇から大きく減速した。

 

食品とエネルギーを除くCPIコア指数は0.1%上昇した。
 前月は0.2%の上昇だった。前年比では1.8%上昇と、前月と同じ伸び率だった。

 

 7月は賃貸料やホテル宿泊費などが上昇、新車・中古車や航空運賃などの低下を埋めた。
 航空運賃は前月比5.6%低下と、1995年12月以降で最大の落ち込みを記録した。

 

 
    

« 中国がユダヤ人保護に貢献したかのように国際社会に偽装したアピール。 | トップページ | 天津爆発後の大気中から猛毒の「神経ガス」を検出  »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 中国がユダヤ人保護に貢献したかのように国際社会に偽装したアピール。 | トップページ | 天津爆発後の大気中から猛毒の「神経ガス」を検出  »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ