« 行き過ぎた値動き | トップページ | 相場が底打ちしたかどうかは全く確信できない »

2015年8月26日 (水)

対策欠如への懸念からパニック状態

 

 コメルツ銀行のエコノミスト、ピーター・ディクソン氏(ロンドン在勤)は、メディアとの取材で
   中国の緊急利下げの措置
について、株式の下落の影響を和らげようと試みていることは心強いとし、 投資家らは前日、対策欠如への懸念からパニック状態に陥っていた。

 

 こうした措置が支援材料となる可能性があり、市場では中国の問題であると理解され始めている。

 これらは他市場のファンダメンタルズに関連した特定の問題で、欧州の状況を反映していないと語った。 



最近の科学・医療関連記事






 
 
   

 

« 行き過ぎた値動き | トップページ | 相場が底打ちしたかどうかは全く確信できない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対策欠如への懸念からパニック状態:

« 行き過ぎた値動き | トップページ | 相場が底打ちしたかどうかは全く確信できない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ