« 北朝鮮軍の潜水艦50隻余りの位置が把握できない状況(韓国軍) | トップページ | 刑務所に収容されているギャング団メンバーが内部抗争 »

2015年8月23日 (日)

南部の中心都市アデンの一部をアルカイダ(AQAP)が支配。

 ロイター通信が23日、住民の話として、イエメンで活動する国際テロ組織アルカイダ系の
   「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」
が22日夜、南部の中心都市アデンの一部を掌握し、行政庁舎にアルカイダの黒い旗を掲げたと伝えた。

 

 AQAPが支配権を握ったのは、アデン西部の一角にあたり、街頭ではアルカイダの戦闘員が巡回して、警備に当たっているという。

 

 アデンはイエメンのハディ大統領支持派の拠点都市だが、3月以降、イスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」の支配下にあった。

 

 サウジアラビア軍などの空爆による支援を受けて大統領派が7月中旬に奪還した。

 
 

 
   

« 北朝鮮軍の潜水艦50隻余りの位置が把握できない状況(韓国軍) | トップページ | 刑務所に収容されているギャング団メンバーが内部抗争 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部の中心都市アデンの一部をアルカイダ(AQAP)が支配。:

« 北朝鮮軍の潜水艦50隻余りの位置が把握できない状況(韓国軍) | トップページ | 刑務所に収容されているギャング団メンバーが内部抗争 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ