« 石炭企業はレバレッジが非常に高い | トップページ | ECBが追加措置を辞さないという市場に対する明確なメッセージ »

2015年9月 4日 (金)

世界の投資銀、7-9月は19%減収入の見込み

  

 JPモルガン ・チェースのアナリスト
   キアン・アボホセイン氏
らアナリストは3日のリポートで、特に株式で最近増えた取引高は市場が落ち着くに連れて大幅に減少する可能性があると指摘した。

 また、ボラティリティは投資銀行にとって追い風だが、第3四半期、場合によっては第4四半期まで、合併・買収の案件完了に悪影響を及ぼす恐れがあるとも分析した。

 

 1株利益の予想は2017年末までについて平均で2-3%引き下げた。

 

 弱い経済指標と株価急落、さらに突然の人民元切り下げで中国はここ2カ月にわたって市場を揺るがせてきた。

 

 ゴールドマン ・サックス・グループを除いた世界の大手投資銀行では第3四半期の債券・通貨・商品トレーディングの収入が前期比で18%減少する見込み。
 今までは14%減と予想していた。

 株式トレーディングの減収幅の予想は20%と、従来見込んでいた16%から大きくしたのが背景。

 

 なお、トレーディングと助言業務を手掛ける世界の金融機関の中でJPモルガンはUBS グループを最有望視している。

 

 現物株とマクロ的業務を手掛ける投資銀行を選好するとして、UBSとドイツ銀行を挙げた。

 
 

 
   

« 石炭企業はレバレッジが非常に高い | トップページ | ECBが追加措置を辞さないという市場に対する明確なメッセージ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の投資銀、7-9月は19%減収入の見込み:

« 石炭企業はレバレッジが非常に高い | トップページ | ECBが追加措置を辞さないという市場に対する明確なメッセージ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ