« リグ1基当たりで生産可能な量は変化しつつある。 | トップページ | 米国のCPIのデータはあすの利上げを 見送る新たな理由 »

2015年9月16日 (水)

LME指定倉庫の亜鉛在庫はこの2営業日で7.9%増

 

 ロンドン金属取引所(LME)の
   亜鉛相場
は在庫増加で潤沢な供給が示され、4営業日続落した。

 

 LME指定倉庫の亜鉛在庫はこの2営業日で7.9%増と、2日間の伸びとしてはほぼ4週間ぶりの大きさだった。

 

 在庫は15日に61万7325トンと、2月以来の高水準に達した。

 

 世界最大の金属消費国である中国で需要が鈍化しつつあるとの懸念もあり、在庫は5年ぶり低水準を付けた8月10日以来、45%増加した。

 
 

 LMEでは銅とニッケル、鉛は上昇したもののアルミニウムとスズが下落した。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12月限は
   1ポンド=2.4265ドル
と前日比0.9%高となった。

 


 LME亜鉛相場(3カ月物)は
   1トン=1738ドル
と前日比-0.8%で終了した。

 なお、一時は8月27日以来の安値となる1698ドルに落ち込んだ。
 4日続落は8月3日以来で最も長期の下げ局面にある。


 
 
 

 
 

« リグ1基当たりで生産可能な量は変化しつつある。 | トップページ | 米国のCPIのデータはあすの利上げを 見送る新たな理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LME指定倉庫の亜鉛在庫はこの2営業日で7.9%増:

« リグ1基当たりで生産可能な量は変化しつつある。 | トップページ | 米国のCPIのデータはあすの利上げを 見送る新たな理由 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ