« 原油取引市場は取引レンジを模索している状況 | トップページ | 10月に重要な決定か?EU金融取引税で重要な前進。 »

2015年9月13日 (日)

シンガポール 与党が大勝

 

 シンガポール総選挙では11日に投開票が行われた。

 

リー・シェンロン首相率いる与党・人民行動党(PAP)が過半数を大きく上回る議席を確保した。

 

シンガポールでは過去50年余り、PAPが政権を担っている。

 今回の選挙では全選挙区で議席が争われ、住宅問題や社会保障費などが争点となった。

 

 選挙局によると、PAPは89議席中83議席を獲得した。
 また、最大野党の労働者党(WP)が6議席を獲得した。

 

 
  

« 原油取引市場は取引レンジを模索している状況 | トップページ | 10月に重要な決定か?EU金融取引税で重要な前進。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール 与党が大勝:

« 原油取引市場は取引レンジを模索している状況 | トップページ | 10月に重要な決定か?EU金融取引税で重要な前進。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ