« 情報流入で北朝鮮の体制は崩壊寸前 | トップページ | カタルーニャ自治州の州議会選挙 独立への勢いが弱まった »

2015年9月28日 (月)

金属箸から可溶性ニッケルを検出

 

 中国メディアの斉魯晩報は、山東省青島市の検疫局が、韓国製ステンレス製の箸から基準値の47倍もの可溶性ニッケルを検出したと伝えた。

 

 感作性のある重金属である可溶性ニッケルは、人体に入ると
   神経衰弱
   生殖能力の低下
を引き起こしやすくなり、催奇形性や発がん性もあるという。

 なお、韓国から輸入されたこれらの箸は、すでに関連部門によって返送されているとのこと。

 

 
 
   

« 情報流入で北朝鮮の体制は崩壊寸前 | トップページ | カタルーニャ自治州の州議会選挙 独立への勢いが弱まった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金属箸から可溶性ニッケルを検出:

« 情報流入で北朝鮮の体制は崩壊寸前 | トップページ | カタルーニャ自治州の州議会選挙 独立への勢いが弱まった »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ