« 原油取引のスプレッド縮小は北海原油の生産量が意外に高いことを反映 | トップページ | LME指定倉庫の亜鉛在庫はこの2営業日で7.9%増 »

2015年9月16日 (水)

リグ1基当たりで生産可能な量は変化しつつある。

 

 ドリリング・インフォの

   アレン・ギルマー最高経営責任者(CEO)
はメディアとのインタビューで「リグ1基当たりで生産可能な量は変化しつつあり、変化は比較的速く起こっている」と指摘した。
 「リグ稼働数の減少に伴って油井のグレードが上がり、より深く掘削しているため、生産性は向上した」との認識を示した。
 
 

    

« 原油取引のスプレッド縮小は北海原油の生産量が意外に高いことを反映 | トップページ | LME指定倉庫の亜鉛在庫はこの2営業日で7.9%増 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リグ1基当たりで生産可能な量は変化しつつある。:

« 原油取引のスプレッド縮小は北海原油の生産量が意外に高いことを反映 | トップページ | LME指定倉庫の亜鉛在庫はこの2営業日で7.9%増 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ