« 「リスクパリティーファンド」が動揺 | トップページ | 離脱した複数の組長らが5日、神戸市中央区の「山健組」の施設で会合か »

2015年9月 5日 (土)

米国雇用統計の数字が危機前の水準に戻った。

 

 オアンダ(カナダ・トロント)のシニア通貨アナリスト
   アルフォンソ・エスパルザ氏
はメディアとのインタビューで、米国雇用統計の数字が危機前の水準に戻ったため、米景気回復のシナリオが現実味を増してきたと指摘した。

 米利上げが年内に1回実施されれば、金への下落圧力となるだろうと語った。

 
 
 
 
    

« 「リスクパリティーファンド」が動揺 | トップページ | 離脱した複数の組長らが5日、神戸市中央区の「山健組」の施設で会合か »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国雇用統計の数字が危機前の水準に戻った。:

« 「リスクパリティーファンド」が動揺 | トップページ | 離脱した複数の組長らが5日、神戸市中央区の「山健組」の施設で会合か »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ