« グレンコアの発表は、コンゴのカビラ政権にとって「大きな打撃」 | トップページ | 為替取引の「情報共有」はシティのトレーディングデスクでは広く行われていた »

2015年9月 9日 (水)

ロンドン金属取引所(LME)の立会場取引からJPモルガンが撤退?

 JPモルガン・チェースは顧客が電子取引に移行していることを理由として、ロンドン金属取引所(LME)の立会場取引から撤退する方針という。

 ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ロビン・バー氏はメディアとのインタビューで立会場取引のトレーダーが去る時はいつもショックだと述べ、現在の事業環境を考えれ ば完全に予想外というわけではないと指摘した。

 

これはリングにとって存続に関わる脅威というわけではないと語った。

 中国をはじめアジアの企業がJPモルガンに代 わって恐らく参加するだろうと続けた。

 ソシエテ・ジェネラルは、LMEの「カテゴリー1」メンバーであるソシエテ・ジェネラル・ニューエッジUKを傘下 に持つ。

 

 

 

    

« グレンコアの発表は、コンゴのカビラ政権にとって「大きな打撃」 | トップページ | 為替取引の「情報共有」はシティのトレーディングデスクでは広く行われていた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« グレンコアの発表は、コンゴのカビラ政権にとって「大きな打撃」 | トップページ | 為替取引の「情報共有」はシティのトレーディングデスクでは広く行われていた »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ