« クレディ・スイスのダークプール問題 8000万ドル超で決着? | トップページ | 原油取引のスプレッド縮小は北海原油の生産量が意外に高いことを反映 »

2015年9月16日 (水)

北朝鮮の寧辺核施設が稼働を再開

 

 朝鮮中央通信(KCNA)は15日、朝鮮が核兵器の向上を質、量共に着実に進めており、寧辺の施設における
   ウラン濃縮活動
が正常に行われていることを明らかにしたと伝えた。

 

 KCNAによれば、北朝鮮の原子力研究員院長は、一般情勢の必要に応じてさまざまな任務の核兵器のレベルを質、量共に着実に向上させることで核抑止力の信頼性をあらゆる点で保証することを目指し、北朝鮮の原子力エネルギー分野の科学者と技術者、作業員は研究と生産の技術革新を日々行っていると述べた。

 

 また、寧辺の核施設が稼働を再開したことを確認した。

 

北朝鮮は2013年に最後の核実験を実施ている。。

 
 
 
 

« クレディ・スイスのダークプール問題 8000万ドル超で決着? | トップページ | 原油取引のスプレッド縮小は北海原油の生産量が意外に高いことを反映 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の寧辺核施設が稼働を再開:

« クレディ・スイスのダークプール問題 8000万ドル超で決着? | トップページ | 原油取引のスプレッド縮小は北海原油の生産量が意外に高いことを反映 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ