« 特殊部隊「モニュメンツ・メン」 | トップページ | 借金を踏み倒す北朝鮮 対外債務の帳消しを要求 »

2015年10月25日 (日)

イエレンFRB議長が12月3日に上下両院経済合同委員会で証言

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は12月3日午前に、上下両院経済合同委員会において
   米国の経済見通し
について証言すると上下両院経済合同委員会の広報担当
   クリスティーン・マイケルソン氏
が明らかにした。

 

 なお、12日後には連邦公開市場委員会(FOMC)が始まるため金融政策と米国の経済情勢にとって
   極めて重要なタイミング
での登場となる。

 議長は12月2日にもワシントン経済クラブで講演の予定がある。


  

 10月最終週に行われるFOMCでは金利据え置き予想が大勢であった。
 会合後に議長の記者会見は予定されていなかった。

 次の12月のFOMCは記者会見が予定されており、投資家は
   利上げの可能性
がより高いと見込んでいる。

 

 昨年、同議長は5月に合同委員会で証言しており、その際は労働市場の動向やインフレ見通しなどについて語った。

 
 
 
   

 


 

      
 
   【 BRAND AVENUE 】へのリンク
  

 

 

« 特殊部隊「モニュメンツ・メン」 | トップページ | 借金を踏み倒す北朝鮮 対外債務の帳消しを要求 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエレンFRB議長が12月3日に上下両院経済合同委員会で証言:

« 特殊部隊「モニュメンツ・メン」 | トップページ | 借金を踏み倒す北朝鮮 対外債務の帳消しを要求 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ