« ワインはイタリアの伝統の一部 | トップページ | 10月の米消費者マインド指数は前月から上昇 »

2015年10月30日 (金)

中国人民元 2005年のドルペッグ(連動)制廃止以来の大幅高

 

 中国人民銀行(中央銀行)が上海自由貿易区(FTZ)で、国内の個人投資家に海外資産を直接購入することを認める
   試験プログラム
を検討する方針を示したことから、中国人民元は30日、対米ドルで2005年のドルペッグ(連動)制廃止以来の大幅高となった。


 

 中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海市場で0.62%高の1ドル=6.3175元で終了した。

 05年7月以来の大きな上げとなった。



 
       
    
  

 
       

« ワインはイタリアの伝統の一部 | トップページ | 10月の米消費者マインド指数は前月から上昇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民元 2005年のドルペッグ(連動)制廃止以来の大幅高:

« ワインはイタリアの伝統の一部 | トップページ | 10月の米消費者マインド指数は前月から上昇 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ