« 大陸間弾道ミサイル(ICBM)KN-08といった新兵器を公開 | トップページ | 中国に原子力空母建造の力はない »

2015年10月12日 (月)

国慶節の期間中の中国大陸からの観光客は約40万人で、日本国内で1000億円を消費したと予想

 

 日本の観光協会は国慶節(新中国成立記念日)の長期連休の期間に、中国大陸からの観光客は約40万人で、日本国内で1000億円を消費したと予想されるという。

 

 訪日客の7割は観光とショッピングを目的とし、島のレジャーが3割を占めたという。

 

 2002年ころから中国の経済発展に伴い、日本は中国人の間で最も人気の高い目的地の一つとなっていた。

 特に3時間の短距離飛行で到着できることは、日本旅行の中国人客に対する大きな強みでもあり、日本の自然風景、社会・人文、商品・サービスは欧米と比べても引けをとらないと見られていると分析した。

 

 近年の円安、一昨年の外国人客を対象とする免税範囲の拡大、昨年の中国人客に対する観光ビザの発給要件緩和といった措置が、訪日客の増加を促したことも背景としてある。

 

 

   
 

  
     
 
       



  
 

 

« 大陸間弾道ミサイル(ICBM)KN-08といった新兵器を公開 | トップページ | 中国に原子力空母建造の力はない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大陸間弾道ミサイル(ICBM)KN-08といった新兵器を公開 | トップページ | 中国に原子力空母建造の力はない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ