« 「脱北行為」に対してさらなる厳罰化 家族単位での脱北を幇助した者は容赦なく処刑(北朝鮮) | トップページ | 原油下落局面での支出削減は極めて困難 »

2015年10月19日 (月)

原油価格を1バレル当たり70-80ドルに引き上げるため減産すべき

 

 イランのザンギャネ石油相は
   石油輸出国機構(OPEC)加盟国
に対し、原油価格を1バレル当たり70-80ドルに引き上げるため減産すべきだと呼び掛けた

 

 ザンギャネ石油相はテヘランで記者団に対し、現在の原油価格に
   「満足な者はいない」
と述べOPECは生産水準を引き下げて市場を管理することを決断すべきだと発言した。

 

 ただ、12月のOPEC総会で減産決定はないだろうとの見方を示した。

 過去1年で41%下落した北海ブレント原油は、ロンドン時間19日午前8時31分(日本時間午後4時31分)現在、1バレル=50.20ドルで取引されている。

 

 なお、OPEC総会は12月4日にウィーンで開催される。

 

 

 



     
 
     
 
          
 
 
 
 
      

 

« 「脱北行為」に対してさらなる厳罰化 家族単位での脱北を幇助した者は容赦なく処刑(北朝鮮) | トップページ | 原油下落局面での支出削減は極めて困難 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「脱北行為」に対してさらなる厳罰化 家族単位での脱北を幇助した者は容赦なく処刑(北朝鮮) | トップページ | 原油下落局面での支出削減は極めて困難 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ