« 持続的な元安はファンダメンタルズと合致せず | トップページ | 国慶節の期間中の中国大陸からの観光客は約40万人で、日本国内で1000億円を消費したと予想 »

2015年10月12日 (月)

大陸間弾道ミサイル(ICBM)KN-08といった新兵器を公開

 

 北朝鮮の首都平壌では例年通り金日成広場において
   「朝鮮労働党創建70周年記念閲兵式(軍事パレード)」
が開催された。

 通常なら午前から開始される軍事パレードだが、天候が悪く15時(日本時間15時30分)から開始された。

 

 今回の軍事パレードの注目すべき点については、300ミリ多連装ロケットと、大陸間弾道ミサイル(ICBM)KN-08という新兵器が公開されたことだ。

 米軍が警戒するKN-08については、弾頭部分の形状に変更が加えられ、何らかの改良がなされた可能性を推測させた。

 経済悪化や軍内部の不満が解消できないため、強行すると見られていたミサイルの発射は、中国の圧力により現段階ではとりあえず見送られたようだ。

 
 
     
 
       



  
 

« 持続的な元安はファンダメンタルズと合致せず | トップページ | 国慶節の期間中の中国大陸からの観光客は約40万人で、日本国内で1000億円を消費したと予想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大陸間弾道ミサイル(ICBM)KN-08といった新兵器を公開:

« 持続的な元安はファンダメンタルズと合致せず | トップページ | 国慶節の期間中の中国大陸からの観光客は約40万人で、日本国内で1000億円を消費したと予想 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ