« 中国7-9月GDPは予想上回る6.9%増 | トップページ | 国際宇宙航行連盟(IAF、本部パリ) への北朝鮮の加盟が取り消された »

2015年10月20日 (火)

対米ドルで中国人民元が1週間ぶりの大幅上昇

 

 中国人民元は20日、対米ドルで1週間ぶりの大幅上昇となった。

 

 早い段階では下げていたものの、ここ2営業日の下落を受けて当局が相場下支えに乗り出すとの観測から上昇に転じた。

 

 中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場のオンショア人民元は前日比0.18%高の1ドル=6.3488元で終了した。

 

12日以来の大幅な値上がりとなった。

 

 なお、16日と19日はいずれも0.11%安で引けており、この日も一時0.14%安を付けていた。

  
 
  
 
 
   
     
 

       




   
 
    

« 中国7-9月GDPは予想上回る6.9%増 | トップページ | 国際宇宙航行連盟(IAF、本部パリ) への北朝鮮の加盟が取り消された »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対米ドルで中国人民元が1週間ぶりの大幅上昇:

« 中国7-9月GDPは予想上回る6.9%増 | トップページ | 国際宇宙航行連盟(IAF、本部パリ) への北朝鮮の加盟が取り消された »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ