« アルゼンチン債の約半分を売却し利益が確定 | トップページ | ギリシャ 6カ月物Tビル入札で11.38億ユーロ調達 »

2015年10月 7日 (水)

フリーポート・マクモラン 2年前に買収した石油・天然ガス部門のスピンオフ(分離・独立)を検討

 

 米国の資源会社フリーポート・マクモランは、商品価格が下落する中で2年前に買収した石油・天然ガス部門のスピンオフ(分離・独立)を検討しているという。

 

 フリーポートが6日に発表した資料で、石油・ガス部門の分離検討に備え、同部門の取締役会メンバーとしてフリーポートの取締役5人を指名したと説明した。

 また、発表前に株主と「建設的な協議」を行ったとしている。

 なお、これまで既に明らかにしているエネルギー事業の上場案も引き続き選択肢の一つだという。

 

 資料によれば、現在検討中の選択肢には、石油・ガス部門の株主へのスピンオフや合弁設立、一段の支出削減が含まれる」とのこと。

 また、フリーポートは、取締役会のメンバーを16人から9人に減らした。

« アルゼンチン債の約半分を売却し利益が確定 | トップページ | ギリシャ 6カ月物Tビル入札で11.38億ユーロ調達 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルゼンチン債の約半分を売却し利益が確定 | トップページ | ギリシャ 6カ月物Tビル入札で11.38億ユーロ調達 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ