« 借金を踏み倒す北朝鮮 対外債務の帳消しを要求 | トップページ | 12月20日にスペインは総選挙 »

2015年10月26日 (月)

ハト派的姿勢(ECB)

 

 円のユーロに対する予想変動率は欧州中央銀行(ECB)の先週のハト派的姿勢を受け、日本銀行が円の上昇を抑えるため、これに対抗することを迫られるとの観測が強まり6週ぶりの高水準となっている。

 

 円は今年に入ってユーロに対して8%余り上昇した。

 日銀は昨年10月に過去最大規模とした金融刺激策の一段の拡大を見送っている。

 ECBのドラギ総裁は先週、12月の追加措置をほぼ確約したようだ。

 
 
 
    

« 借金を踏み倒す北朝鮮 対外債務の帳消しを要求 | トップページ | 12月20日にスペインは総選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハト派的姿勢(ECB):

« 借金を踏み倒す北朝鮮 対外債務の帳消しを要求 | トップページ | 12月20日にスペインは総選挙 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ