« 起こり得る脅威に対応するため金融政策を利用する余地は多少ある | トップページ | 世界の原油市場における供給過剰を減らす役割を果たしているのは米国の生産会社だけ »

2015年10月 5日 (月)

米国の製油所の稼働率がかなり高水準

 
 BNPパリバの商品担当シニアストラテジスト
   ガレス・ルイスデービス氏(ロンドン在勤)
は米国の製油所の稼働率がかなり高水準にあるため石油製品が余り、それが輸出に回されて、全体的に米国の輸入への依存度が低下しているとメディアの取材で指摘した。
 

 米国内生産の増加は経済に寄与し、中東産への依存度低下につながるとの見方を示した 

 
 
 
 
 
最近の政治・経済関連の記事
 
 
 
 ■ 平和堂(8276) 産地直送など単価の高い生鮮食品の品ぞろえを強化
 

   

 

 



     
 
     
 
          
 
 
 
 
        

« 起こり得る脅威に対応するため金融政策を利用する余地は多少ある | トップページ | 世界の原油市場における供給過剰を減らす役割を果たしているのは米国の生産会社だけ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の製油所の稼働率がかなり高水準:

« 起こり得る脅威に対応するため金融政策を利用する余地は多少ある | トップページ | 世界の原油市場における供給過剰を減らす役割を果たしているのは米国の生産会社だけ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ