« HSBCが中国で過半数保有の合弁を計画 | トップページ | 中国の「農業法の執行・検査状況」について »

2015年11月 3日 (火)

10月の製造業総合景況指数は前月からほぼ変わらず

 

 米国の製造業は海外の需要低下などに抑えられ、10月も拡大と縮小の狭間から抜け出せなかった。

 

 米国供給管理協会(ISM)が発表した10月の製造業総合景況指数は前月からほぼ変わらずの
   50.1(前月 50.2)
と、2013年5月以来の低水準だった。

 

同指数では50が活動の拡大と縮小の境目を示す。


 

 項目別では雇用指数 が47.6(前月 50.5)と、09年8月以来の低水準に落ち込んだ。

 輸出指数は47.5(前月 46.5)に上昇したが、5カ月連続で縮小を示す水準だった。
 顧客在庫指数は51(前月 54.5)に低下した。

 

 仕入れ価格指数は39(前月 38)に上昇した。
 新規受注は52.9(前月 50.1)に上昇した。

 また、生産指数も52.9(前月 51.8)に上昇した。

 
 

  

« HSBCが中国で過半数保有の合弁を計画 | トップページ | 中国の「農業法の執行・検査状況」について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月の製造業総合景況指数は前月からほぼ変わらず:

« HSBCが中国で過半数保有の合弁を計画 | トップページ | 中国の「農業法の執行・検査状況」について »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ