« Su-35多機能戦闘機を24機ロシアから購入(中国) | トップページ | ハンガリー~セルビア鉄道建設で中国鉄道がEU市場に初進出 »

2015年11月30日 (月)

IMF理事会 人民元のSDR採用の是非を30日に判断

 

 国際通貨基金(IMF)の
   ラガルド専務理事
と全加盟国を代表する24人の理事は30日、ワシントンのIMF本部に集まり、中国の人民元をIMFの
   特別引き出し権(SDR)構成通貨
に採用するかどうかを判断する。

 

 なお、同専務理事では既に13日、人民元を採用すべきだとしたIMFスタッフの勧告を支持する考えを表明している。

 

30日の理事会での承認はほぼ確実と見られる。

 IMFは同日の決定を受けて、人民元について採用の条件とされた「自由に利用できる」通貨であると、スタッフが判断するに至った詳細な説明のリポートを公表する公算。

 

 現在のSDR構成4通貨のウエートはドル41.9%、ユーロ37.4%、ポンド11.3%、円9.4%となっている。

 

 理事会の決定には新たに人民元のウエートが盛り込まれ、スタッフのリポートでその根拠が示されることになる見込み。

 7月の暫定報告においてIMFスタッフは、人民元のウエートが14ー16%前後になるとの見通しを示した。

 
 

     

« Su-35多機能戦闘機を24機ロシアから購入(中国) | トップページ | ハンガリー~セルビア鉄道建設で中国鉄道がEU市場に初進出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IMF理事会 人民元のSDR採用の是非を30日に判断:

« Su-35多機能戦闘機を24機ロシアから購入(中国) | トップページ | ハンガリー~セルビア鉄道建設で中国鉄道がEU市場に初進出 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ