« ハンガリー~セルビア鉄道建設で中国鉄道がEU市場に初進出 | トップページ | OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み »

2015年11月30日 (月)

アベンゴア債CDS、信用事由発生か30日に委員会が判定

 

 国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は27日、スペインの再生エネルギー会社
   アベンゴア
の資産保全申請が同社債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)にとって破産の信用事由発生に当たるかどうか、同協会の判定委員会が判断を下すと発表した。

 

 ロンドン時間30日正午からの会合で同委が信用事由だと判断した場合、ISDAの規定に従いアベンゴア債を保証する全てのCDSが決済されることになる。

 デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング(DTCC)によれば20日時点の取引残高は
   計2814枚
でネットベースで7億1800万ドル(約882億円)のアベンゴア債が保証されている。

 
 
 
   

« ハンガリー~セルビア鉄道建設で中国鉄道がEU市場に初進出 | トップページ | OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベンゴア債CDS、信用事由発生か30日に委員会が判定:

« ハンガリー~セルビア鉄道建設で中国鉄道がEU市場に初進出 | トップページ | OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ