« メガバンクの業績をけん引してきたアジア向け融資などが伸び悩んでいる。 | トップページ | 「独身者の日」の総取引額、最初の90分で6200億円 »

2015年11月11日 (水)

需要や短期的な供給過剰などが懸念材料

 

 欧州三菱商事(ロンドン)の貴金属ストラテジスト
   ジョナサン・バトラー氏
はメディアとのインタビューで
   「プラチナETFの動き」
はこのセクター全般に対する不安感 を反映していると述べ、需要や短期的な供給過剰などが懸念材料になっていると指摘した。

 資産運用者らはプラチナの現状にしびれを切らしていると語り、需要が回復すると は考えていないと続けた。

 

 
 
    

« メガバンクの業績をけん引してきたアジア向け融資などが伸び悩んでいる。 | トップページ | 「独身者の日」の総取引額、最初の90分で6200億円 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 需要や短期的な供給過剰などが懸念材料:

« メガバンクの業績をけん引してきたアジア向け融資などが伸び悩んでいる。 | トップページ | 「独身者の日」の総取引額、最初の90分で6200億円 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ