« 「ホテル・ラディソン」 を襲撃し170人を人質。 | トップページ | 世界は原油で溢れている »

2015年11月21日 (土)

欧州連合(EU) パスポートチェック強化 で合意

 

 欧州連合(EU)は1週間前にパリで起きた同時多発テロを受け、20日の緊急会合で、欧州域内出入りの際の
   パスポートチェック強化
で合意した。

 また、フランスは脅威が続く限り国境管理を続ける方針も示した。

 

 テロの首謀者とみられた
   アブデルハミド・アバウド容疑者
の行方を追う上で、いわゆる
   ジハーディスト(聖戦主義者)の
移動把握がEU域内で困難な状況が露呈した。

 なお、アバウド容疑者は18日のパリ郊外での警察の急襲で死亡した。

 仏当局はテロ発生時、同容疑者はシリアに潜伏しているとみていた。


 

 緊急の法相・内相理事会はこれを受けた情報共有の強化でも合意した。


 

 理事会はEU加盟国がそれ以外の国との国境で「システマチックかつ協調したパスポートチェック」を直ちに実施することを命じた。

 

 こうしたチェックの対象は現在、非EU市民に限られているが、全ての市民に広がることとなる。

 出入国管理を撤廃している「シェンゲン協定」参加国に入国する人物の氏名を入国時に欧州警察当局のデータベースに確実に照合できるようにする目標時期を来年3月に定めた。

 

 さらに、武器取引撲滅への協力強化でも合意した。

 このほか、海外で戦闘に参加していると疑われる人物のデータを共有すると表明した。

 

 欧州に到着する不法移民全員を対象とする指紋採取のほか、乗客予約情報(PNR)の提供を航空会社に義務付けるEU法の年内成立も求めた。

 
 
 
 
 
最近の経済・政治関連情報
  
 
   
 
 
 
     
 

 

« 「ホテル・ラディソン」 を襲撃し170人を人質。 | トップページ | 世界は原油で溢れている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州連合(EU) パスポートチェック強化 で合意:

« 「ホテル・ラディソン」 を襲撃し170人を人質。 | トップページ | 世界は原油で溢れている »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ