« 世界は原油で溢れている | トップページ | フランス大統領 国内外で「イスラム国」攻撃強化し壊滅させる必要 »

2015年11月21日 (土)

アフリカ西部マリの首都バマコの高級ホテル「ラディソンブル」の事件

 

 ロイター通信によると、20日朝、アフリカ西部マリの首都バマコの高級ホテル「ラディソンブル」に武装グループが押し入り、銃を乱射した事件で武装グループは「神は偉大だ」とアラビア語で叫びながらホテル に侵入してきたという。

   

 宿泊客と従業員合わせて約170人が人質となっていたが、治安部隊が突入し、現場から27人の遺体が見つかった。

 なお、アルカイダ系の過激派組織「ムラビトゥン」がツイッターで犯行を認めているという。


 

 中国中央テレビ局(CCTV)の報道によると、事件発生時、ホテルには8人の中国人のビジネスマンがおり、うち4人は脱出し、残り4人がホテルに残されていた。

 また、ホテルの近くに中国資本のレストランなどもあるため、マリの中国大使館は中国人に注意を呼びかけているとのこと。

 
 
 
 
 
最近の経済・政治関連情報
  
 
   
 
 
 
     
 
     
    

« 世界は原油で溢れている | トップページ | フランス大統領 国内外で「イスラム国」攻撃強化し壊滅させる必要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 世界は原油で溢れている | トップページ | フランス大統領 国内外で「イスラム国」攻撃強化し壊滅させる必要 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ