« 米ドルはユーロと円に対しては一段の上昇余地 | トップページ | ユーロほぼ全面安 »

2015年11月20日 (金)

潘国連事務総長の訪朝計画推進を初めて認める

 

 韓国の聯合ニュースによると、国連のドゥジャリク事務総長報道官は18日(現地時間)定例の記者会見で
   潘基文(パン・ギムン)事務総長
は、朝鮮半島に対話の雰囲気をつくり出し、平和と安定を増進させるため、北朝鮮訪問を含む建設的な努力を喜んでする用意があるとこれまでも継続して示してきたと述べ、現在(潘氏の訪朝についての)議論を進めていることを初めて公式に認めた。


 ある国連情報筋は、「事務総長が訪朝を推進しているのは事実であり、現時点では複数の日程を想定し調整を進めている状態」とメディアの取材で述べ、このほど中国国営の新華社通信が報じた今月23日の訪朝も候補であったものの、日程が合わず見送られたと続けた。

 

 なお、国連報道官はこれまで、事務総長の訪朝報道について「ノーコメント」としてきた。

  
 
 
 
 
 
最近の経済・政治関連情報
  
 
   
 
 
 
     

 
 

« 米ドルはユーロと円に対しては一段の上昇余地 | トップページ | ユーロほぼ全面安 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潘国連事務総長の訪朝計画推進を初めて認める:

« 米ドルはユーロと円に対しては一段の上昇余地 | トップページ | ユーロほぼ全面安 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ