« 偵察衛星等の配備改定 | トップページ | 国は来年、輸入を前年比で 日量50万-80万バレル増やす可能性がある。 »

2015年11月13日 (金)

プエルトリコ 開発銀行債で一部デフォルトの公算?

 

 米国の格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは米国の自治領プエルトリコが、12月1日に期日を迎える
   政府開発銀行(GDB)債
の支払いの少なくとも一部でデフォルト(債務不履行)状態に陥る可能性が高いと指摘した。

 

 プエルトリコの6日付の報告書によると、GDBは手元資金が底を突く可能性があるとみられる。

 こうした状況の中で、来月初めに
   計3億5400万ドル(約435億円)相当
の元利支払い期限を迎える。


 プエルトリコ当局では今月と来月のキャッシュバランスがマイナスになると見込んでいる。

 12月1日に期限が到来する債務のうち2億6700万ドルは自治領政府の一般財源保証付き。

 
 
 
 
  

« 偵察衛星等の配備改定 | トップページ | 国は来年、輸入を前年比で 日量50万-80万バレル増やす可能性がある。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プエルトリコ 開発銀行債で一部デフォルトの公算?:

« 偵察衛星等の配備改定 | トップページ | 国は来年、輸入を前年比で 日量50万-80万バレル増やす可能性がある。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ