« 原油は大規模な供給過剰 | トップページ | 16年の利上げ見込むのは賢明 »

2015年11月 5日 (木)

ドラギ総裁の為替相場動かす影響力はイエレン議長を抜く

 

 バークレイズはユーロが対米ドルで
   1日に1兆3000億ドル(約158兆円)
近く取引される為替市場に携わるトレーダーらが、米国の
   イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長
よりもドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の言葉に耳を傾け始めていると指摘した。

 
 

 これはバークレイズ実施調査での回答者の約半数が、ユーロ・ドル相場をこの四半期に動かす最も重要な要素はECBの政策だと答えたというもの。

 9月の調査では30%前後だった。

 一方、米金融政策が最も重要だと答えた割合は約30%で、9月15日に結果が公表された調査での40%余りから減った。

  

 バークレイズはヘッジファンドや運用会社、トレーダーら651の顧客からの回答を基に調査結果をまとめた。

 この調査は10月22-29日にかけて実施した。

 
 
 
 
  

« 原油は大規模な供給過剰 | トップページ | 16年の利上げ見込むのは賢明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラギ総裁の為替相場動かす影響力はイエレン議長を抜く:

« 原油は大規模な供給過剰 | トップページ | 16年の利上げ見込むのは賢明 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ