« 自由の代償 | トップページ | 米ドルはFOMCの議事録公表ご限定的な反発のため、利益確定の売り »

2015年11月20日 (金)

石油輸出国機構(OPEC)は米国に一撃を与え、カナダをたたきつぶした。

 

 BIのアナリスト、ピーター・プリカン氏は「OPECはシェールオイルの力強い伸びを阻止したいと考えているとメディアの取材で述べた。

 

 カナダのオイルサンド採掘企業などの高コスト生産会社が打撃を受けていると指摘した。

 ただ、シェールオイル業界はいずれ影響を受けるだろうが、最初に打撃を受けるのはこの業界ではないと述べた。  

 
 
 
 
 
最近の経済・政治関連情報
  
 
   
 
 
 
     

 
 

 

« 自由の代償 | トップページ | 米ドルはFOMCの議事録公表ご限定的な反発のため、利益確定の売り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 自由の代償 | トップページ | 米ドルはFOMCの議事録公表ご限定的な反発のため、利益確定の売り »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ