« 12月利上げ観測に変わりはない | トップページ | OPECに石油純輸入国のインドネシアが加盟? »

2015年11月26日 (木)

原油タンクの余剰貯蔵能力に関する懸念

    シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエネルギーアナリスト    ティム・エバンス氏 はメディアとのインタビューで原油タンクの余剰貯蔵能力に関する懸念がなければ、現物と先物相場の超順ざや状態にはならないと指摘した。    これほど価格差が広がれば沖合での貯蔵が実行可能な選択肢になると述べた。    陸上での1カ月間の貯蔵費用は1バレル当たり45-50セントだ。  タンカーで貯蔵する場合は船種に応じ1バレル当たり1-1.25ドルになると語った。                    

« 12月利上げ観測に変わりはない | トップページ | OPECに石油純輸入国のインドネシアが加盟? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油タンクの余剰貯蔵能力に関する懸念:

« 12月利上げ観測に変わりはない | トップページ | OPECに石油純輸入国のインドネシアが加盟? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ