« 市場にはモメンタム(勢い)を狙うトレーダーが多くいる | トップページ | 10月の製造業総合景況指数は前月からほぼ変わらず »

2015年11月 3日 (火)

HSBCが中国で過半数保有の合弁を計画

 

 中国合弁事業の過半数株式を握る初の外資系金融機関は米国のウォール街のライバル銀行を抑えて、欧州最大手銀行英国の金融大手
   HSBCホールディングス
が広範な証券・投資銀行サービスを提供できる足がかりをつかむことになりそうだ。

 ゴールドマン・サックス・グループやモルガン・スタンレー、UBSグループなども中国で合弁事業を展開しているが、出資比率は少数にとどまっている。

 HSBCのスチュアート・ガリバー最高経営責任者(CEO)は2日、監督当局の承認が得られれば、中国で初めて外資系金融機関が過半数を保有する証券合弁企業が誕生するだろうと第3四半期決算発表後に行われた記者団との電話会議で語った。

 

 HSBCが今後、何をできるようになるかという点で(過半数を支配する合弁事業の設立は)き わめて意義深い」と評価した。

 中国への進出で「3-4年間」は利益を生まないだろうが、中国で法人向けの人民元建て債券の引き受けや、上海・深セン取引所での証券業務などが 可能になると展望を話した。

 なお、合弁事業にかかるコストを明らかにしなかったが、必要とされた投資規模については「軽くはなかった」と述べた。

 中国は長年にわたり外資系金融企業の国内参入を制限してきた。

 

 株価急落や汚職捜査で混乱した金融業界の効率改善を目指し、規制緩和に動きつつある。

 一方、国内大手の強力な支配は変わらず、外銀は進展を鈍いと受け止めている可能性もある。  

 

    

« 市場にはモメンタム(勢い)を狙うトレーダーが多くいる | トップページ | 10月の製造業総合景況指数は前月からほぼ変わらず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HSBCが中国で過半数保有の合弁を計画:

« 市場にはモメンタム(勢い)を狙うトレーダーが多くいる | トップページ | 10月の製造業総合景況指数は前月からほぼ変わらず »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ