« 米国の住宅需要は引き続き堅調 | トップページ | アルゼンチンが為替規制の大半を撤廃 »

2015年12月17日 (木)

中国南方航空がボーイングに計110機、1兆2200億円相当を発注

 

 乗客数でアジア最大の航空会社
   中国南方航空
は米国のボーイングに計110機の航空機を発注した。

 

公表価格に基づく購入額は約100億ドル(約1兆2200億円)に相当する。

 

 17日の発表資料によると、南方航空は737NGを30機、737MAXを50機購入する。
 カタログ価格に基づけば購入額は72億4000万ドルとなる。

 また、同社傘下の廈門航空(アモイ航空)もボーイングから737MAXを30機購入することで合意した。

 なお、値引き前の価格は28億8000万ドルとのこと。

 
 
 
 

« 米国の住宅需要は引き続き堅調 | トップページ | アルゼンチンが為替規制の大半を撤廃 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国南方航空がボーイングに計110機、1兆2200億円相当を発注:

« 米国の住宅需要は引き続き堅調 | トップページ | アルゼンチンが為替規制の大半を撤廃 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ