« プーチン露大統領がシリア問題の打開目指しケリー米国務長官と会談 | トップページ | ゼロ金利政策をFOMCが解除 »

2015年12月16日 (水)

米国NAHB住宅市場指数 12月は61に低下

 

 米国住宅建設業者の景況感を示す12月の指数は前月から低下し、10年ぶり高水準から一段と遠ざかった。

 全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表した12月の米住宅市場指数は
   61(前月 62)
に低下した。

 なお、事前のエコノミスト予想では63だった。

 10月には65と、10年ぶり高水準をつけていた。

 同指数で50を上回ると住宅建設業者の多くが現況を「良い」とみていることを示す。

 一戸建て販売の現況指数は66(前月 67)に低下した。
 購買見込み客足指数は46(前月 48)だった。

 向こう6カ月の販売見通しは67で、前月の69から低下した。


 地域別では全米4地域のうち3地域で低下した。
 特に中西部は55(前月60)と下げが最もきつかった。
 また、北東部と西部でも低下した。一方、南部はほぼ変わらずだった。

 

 
 
    

« プーチン露大統領がシリア問題の打開目指しケリー米国務長官と会談 | トップページ | ゼロ金利政策をFOMCが解除 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国NAHB住宅市場指数 12月は61に低下:

« プーチン露大統領がシリア問題の打開目指しケリー米国務長官と会談 | トップページ | ゼロ金利政策をFOMCが解除 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ