« 原油輸出解禁と引き換えに再生可能エネルギー対策要望 | トップページ | ガソリン価格が2ドルを割り込むのは時間の問題 »

2015年12月11日 (金)

米国の労働市場は引き続き完全雇用に向けて順調な動き。

 

 アマースト・ピアポイント・セキュリティーズのチーフエコノミスト
   スティーブン・スタンリー氏
は新規失業保険申請件数について、メディアの取材で毎年この時期は、ホリデーシーズンの影響や年末を控えた雇用調整などで
   週間統計の変動
が大きくなり得ると述べ、11月の雇用統計で確認されたように、解雇は歴史的に低い水準で推移しており、労働市場は引き続き完全雇用に向けて順調に進んでいると続けた。

 

 
 
   

« 原油輸出解禁と引き換えに再生可能エネルギー対策要望 | トップページ | ガソリン価格が2ドルを割り込むのは時間の問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の労働市場は引き続き完全雇用に向けて順調な動き。:

« 原油輸出解禁と引き換えに再生可能エネルギー対策要望 | トップページ | ガソリン価格が2ドルを割り込むのは時間の問題 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ