« 中国武装船が尖閣諸島で1時間強の領海侵入 | トップページ | シェール業界にとって、原油価格のさらなる下落は壊滅的な打撃 »

2015年12月28日 (月)

ラマディ奪還までまもなく。

 

 イラク軍の対テロ部隊報道官は27日、激しい戦闘が続いていたイラク中部の要衝アンバル州ラマディの拠点からイスラム教スンニ派過激派軍事組織「イスラム国」(IS)の戦闘員が全て撤退したとメディアの取材で述べた。

 イラク軍は今月に入り、ラマディ南西部を奪還し、22日に中心部に進撃した。
 ISが拠点とし、戦闘員らが立てこもった政府庁舎を包囲していた。

 イラク軍によるラマディ奪還が目前に迫っているもようで、全面奪還が確実となれば、イラク政府にとっては3月に北部の要衝ティクリートを奪い返して以来の大きな戦果となる。

 
 
   
  

« 中国武装船が尖閣諸島で1時間強の領海侵入 | トップページ | シェール業界にとって、原油価格のさらなる下落は壊滅的な打撃 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラマディ奪還までまもなく。:

« 中国武装船が尖閣諸島で1時間強の領海侵入 | トップページ | シェール業界にとって、原油価格のさらなる下落は壊滅的な打撃 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ