« アベンゴア債CDS、信用事由発生か30日に委員会が判定 | トップページ | 12月のFOMC決定に向けマーケットは「神経質」になっている »

2015年12月 1日 (火)

OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み

 

 ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査責任者
   マイク・ウィットナー氏(ニューヨーク在勤)
は原油取引市場においてイランの生産回復は低コストの中東産原油が市場シェアを拡大し、シェールオイルなどOPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論みがあるサウジの戦略を強化するものとなると述べた。

 サウジの論理を採用すれば、イランの生産回復は好都合となると語った。

 
 
 
  

« アベンゴア債CDS、信用事由発生か30日に委員会が判定 | トップページ | 12月のFOMC決定に向けマーケットは「神経質」になっている »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OPEC加盟国以外の高コスト供給を削減させる目論み:

« アベンゴア債CDS、信用事由発生か30日に委員会が判定 | トップページ | 12月のFOMC決定に向けマーケットは「神経質」になっている »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ