« 女性でも躊躇なくぶん殴った中国の「城管」 | トップページ | サウジとイランが国交断絶 »

2016年1月 4日 (月)

ベトナムの通貨取引の中心レートを1ドル=2万1896ドンに引き下げ

 

 ベトナム国家銀行(中央銀行)は4日、通貨ドンの中心レートを8月以降で初めて引き下げた。

 

先週末、対ドルの中心レートを設定する上で一段と市場ベースの方法に移行する方針を示していた。

 中心レートはこの日、0.03%引き下げられ
   1ドル=2万1896ドン
となった。

 通貨ドンは12月下旬の値下がりで許容変動幅の下限に達していた。

 ベトナム中銀は昨年8月19日、中心レートを1%下げたほか、許容変動幅をこの上下3%に拡大した。

 なお、それ以降は中心レートを同水準に維持していた。

 
 
 
  

« 女性でも躊躇なくぶん殴った中国の「城管」 | トップページ | サウジとイランが国交断絶 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 女性でも躊躇なくぶん殴った中国の「城管」 | トップページ | サウジとイランが国交断絶 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ