« 物言う投資家の標的になる可能性 | トップページ | 1月に金相場を押し上げたものは、この先の金利をめぐる不安心理が影響 »

2016年1月31日 (日)

香港ドルの取引のリスク拡大か?

 

 米国の外為ブローカーのFXCMはボラティリティ拡大懸念から香港ドルの取引をとりやめ、 オフショア人民元の対米ドルでのポジションを抑制すると、この事情に詳しい関係者がメディアの取材で明らかにした。

 ただ、この情報について、公に話す権限がないとして匿名で語った。

 

 FXCMは2月26日までに香港ドルの為替市場での全てのオープンポジションを閉じる。

 

また、米国の東部時間29日の営業終了後、全通貨を対象に必要証拠金を調整する。

 

 同社は向こう数週間に香港ドルとオフショア人民元で
   流動性不足や混乱
が起きる可能性を挙げた。 

 
 

   
   

« 物言う投資家の標的になる可能性 | トップページ | 1月に金相場を押し上げたものは、この先の金利をめぐる不安心理が影響 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港ドルの取引のリスク拡大か?:

« 物言う投資家の標的になる可能性 | トップページ | 1月に金相場を押し上げたものは、この先の金利をめぐる不安心理が影響 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ